プール熱とは

プール熱とは、医学用語では咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といって、感染症に分類されます。
プールにためられている水が感染源になる比率が高くなっているため、こういう名称が付きました。
現れる症状には個人差がありますが、高温の熱が長時間続くため暑さが厳しい時は一層気を付けなければいけない病と言えます。
症状が悪化した場合には扁桃腺炎に通じてしまう場合もあり、合併症が起こる割合も高くなります。
喉が腫れたり熱が出たりする以外に結膜炎を発病してしまったりする場合もあり、いくつもの症状が一挙に出るという人もいれば、1つの症状に限り出るという人もいます。
プール熱といわれることから夏に限り用心する場合がありますが、近頃はシーズンに関係なく患っている人がいる病気となっているのです。
というのも、冬場でも温水プールの利用が可能な施設が増加したため、季節関係なく感染する機会も増加しているのです。
この病気の原因と伝えられているのは、アデノウイルスという名の病原体です。
アデノウイルスはかなり感染力のあるウイルスですので、体の中に入り感染することで、症状が認められるようになります。
アデノウイルスは非常に感染力が強いウイルスであるため、感染した状態の人から飛沫感染してしまうこともあります。
スイミングスクールに通っているなどプールに入る頻度が高い人は、ことさら慎重に予防したほうが良いでしょう。
プール熱は幼児限定で発症するものだという見方をしている人もいますが、色々な感染源があり成人がかかる場合もあるので、何歳であっても警戒すべきなのです。

 

三宮の全身脱毛サロンの口コミ